「階層別研修の限界とは?」Original Point株式会社を創業した背景にあるもの…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「人材育成業界の存在意義とは?」企業向け人材育成企業で過ごした6年間…

「人が互いに尊重し、やりたいことをやっている社会を創る」というビジョンを掲げ、人材育成企業(株)シェイクで“人材育成”という仕事と向き合ってきました。

人材育成業界は、参入障壁が低く様々なプレイヤーが存在するものの、市場としては横ばいで推移しており、その存在意義が問われている業界です。

「理論と実践知が不足しているコンサルタント」「研修への投資対効果は、主にアンケート満足度という曖昧な指標」等々、業界としての課題は様々です。

企業経営において「人」という資源をどう扱うかは重要なテーマではありますが、その投資対効果は曖昧であるため、今後「人事業務のアウトソーシング」という立ち位置で終わるのか「経営や人事を支えるプロの専門機関」という立ち位置に立てるのか、進化が問われています。

“階層別研修の限界”とどう向き合うか?

研修は、たった数日で人や組織が劇的に変化する魔法のツールではありません。

あくまで、人事・教育施策の一つのツールにしか過ぎません。

内省力が高まっていない新入社員に対して、徹底した「しつけ」を施しても、怒られないための対応力は身につくかもしれませんが、現場で成長し続ける素地が身につくとは言い切れません…

思考力が高まっていない若手社員に対して「ロジカルシンキング研修」を提供しても、フレームは理解できるかもしれませんが、思考体力が上がる訳ではないので現場で深い思考ができるようになるとは言い切れません…

これまで“たった数日の研修だけでは限界がある”という立ち位置に立って、「採用-配置-育成-評価の連動」「組織風土変革」等々、多くのお客様と様々なチャレンジをさせていただきました。

その中で実感したことは、研修だけで「人・組織が劇的に変化しますよ」と謳う研修会社も、研修だけで「人が変わること」を期待する人事も、間違っているということです。

“出る杭が育つ教育インフラ”と“出る杭が活かされる企業文化”を創出する

某大手企業の2年目研修を実施した際に「上司に何を言っても伝わらない、入社動機はもう忘れました」という言葉が今でも鮮明に残っています。

社会では当たり前のことなのかもしれませんが…意志のない“ぶら下がり社員”が増えることは、企業にとっても社会にとってもネガティブなことだと感じています。

そう感じていたときに、偶然にも恵まれスタートしたのが大学で1年間学生を支援するキャリア教育プロジェクトでした。

1年間の支援を通じて見えてきたのは「1年間、継続的かつ本気で向き合うことで得られる変化」と「大学生の可能性」でした。

結局、意志を持った人材を育むには「ルールや柵が多い企業」よりも「自由と責任が与えられている学校」の方が育みやすいです。

そして意志を持った人材を活かすためには、「旧態依然とした企業文化」を断つことも必要です。

「上位下達の組織風土」「年功序列の人事制度」「指示命令型のマネジメント」の中では、意志が削がれていくばかりです。

本来、組織も人も原点に返ると「やりたい」という純粋な意志がある。

そんな「やりたいをカタチにできる社会」を創りたいという想いで立ち上がったのがOriginal Point という会社です。

やりたいをカタチにできる社会へ

「目先のことに追われる」「周囲の期待に流される」「所属組織にぶら下がる」

現実と向き合う中で、自分の意志を見失うことは誰しもが一度は経験することだと思います。

一方で「一つの物事に熱中したこと」「チーム一体となって成し遂げたこと」「努力して目標を達成したこと」

自分の意志で行動した経験も、過去を振り返ると誰しも一度はあるのではないでしょうか…

「人がやりたいことをカタチにする人生を歩むには、どんな教育が必要なのか?」

「重要なファーストキャリアを選択する就職活動や採用はどうあるべきなのか?」

「やりたいという想いが育まれる組織はどのようにして創られるのか?」

Original Point株式会社は「やりたいをカタチにできる社会」を目指して、学校や企業の皆々様とともに新たな価値を探究していきます。

Original Point株式会社 代表取締役社長 高橋政成

高橋政成
大学を卒業後、人事コンサルティング会社(株)シェイクへ入社。研修プログラム開発、コンサルティング営業として、100社以上の人材育成に携わる。トップセールスを達成した後、最年少マネジャーへ昇格。その後、既存事業と兼務で、大学向け教育の新規事業を立ち上げ。2016年、大学・採用・組織開発の領域から、新たな価値を創るためにOriginal Point株式会社を設立。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
PAGE TOP