Internship

インターンシップ設計支援

インターンシップ設計で
目指すこと

「就活支援」「新規事業立案」といった、どんな企業でもできるインターンシップではなく、自社ならではの仕事の魅力やリアル(やりがいor難しさ)を疑似的に体感してもらうビジネスシミュレーション型のインターンシップを設計致します。

Scene

活用シーン
Case1
初めてのインターン
シップを設計
Case2
効果を担保しながら
インターンを短期化
Case3
他社にはない自社なら
ではの魅力を訴求

Point

インターンシップ設計のポイント
社員のリアルな声から設計

POINT
01

ビジネスシミュレーションの設計にあたっては、現場社員のヒアリングから、自社の魅力や仕事のやりがい・難しさを引き出し、それらを疑似体験できるように設計します。

学生ニーズを満たす実際の
仕事体験を実現

POINT
02

学生がインターンシップに求めているのは、「社員とのつながり」よりも「実際の仕事体験」です。
4つのステップで仕事理解を促進していきます。

業界理解 - ケース読み込み&ディスカッション - 上司&顧客面談 ※状況に合わせて調整 - プレゼン発表&フィードバック

会社理解と成長の両方を促進

POINT
03

インターンシップ設計にあたっては、体験・報酬・スキル獲得等参加メリットの設計も重要です。
企業研修で培ったノウハウにより、学生の動機づけとなる成長機会も提供します。

Flow

インターンシップ設計の流れ

ターゲット設定 - 訴求する魅力の設計 - 現場ヒアリング - プログラム化

Case

インターンシップの事例
大手教育会社 For 1dayインターン

導入背景
インターンを5日間から1日に短縮化し
1日でもマルチタスクな現場の仕事の
リアルを体感してもらいたい

実施例
「生徒指導業務」「学校への広報業務」
等の意義はあるが、忙しい現場への
状況を体験し、仕事理解につなげる

大手メーカー For イノベーター採用

導入背景
ベンチャー志望学生を採用し
新規事業部に特別配属したい

実施例
自社ならではの技術と想いを
ベースとした新規事業立案インターンで、
ベンチャー志望学生にリーチ

Contact