Information

お知らせ

法政大学 キャリアデザイン学部 田中研之輔教授の顧問就任に関するお知らせ

大学へのキャリア支援と、RJP理論に基づく採用支援サービスで企業と学生のミスマッチ解消に取り組むOriginal Point株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:高橋政成)は、弊社の顧問として、法政大学キャリアデザイン学部田中研之輔教授をお迎えしたことをお知らせいたします。

田中先生は、組織と経営に関する専門的な分析と実践的なソリューション提示を得意とする社会学者であり日本の「組織エスノグラフィー※」における第一人者です。また、著書には、『先生は教えてくれない大学のトリセツ』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』をはじめとして、18冊を刊行されています。加えて、これまでに9つの大学で4000人をこえる学生指導をした経験をもとに、学生、大学、企業の三者関係に関する生産的議論を多く発信されています。

弊社は、田中先生の貴重な知見に基づくご助言を頂戴し、より大学キャリア領域における、健全なキャリア支援が行われる本質的なサービスを創っていくことに、今後一層努めてまいります。

※組織エスノグラフィー
「エスノグラフィー」とは、「民族誌」という意味で、もともとは人類学者が異国の村や集落に入り込み、いっしょに生活する中で、その集団の実態や特性を言語化して描き出すという、人類学が得意としたフィールドワーク手法のこと。これを、企業の部署やチームなど身近な組織の分析に援用したのが「組織エスノグラフィー」である。組織エスノグラフィーのスキルを使いこなす専門家を「組織エスノグラファー」と言い、田中先生は、その組織エスノグラファーの日本におけるパイオニアである。

【田中研之輔先生コメント】
大学と社会はもっと近い距離で、日頃から意見交換をすることが今、求められています。社会でどのような人材が求められているのか。大学はどのような教育を通じていかなる学生を育てていくのか。 Original Point 株式会社がミッションに掲げる「大学生のやりたいがカタチになりそのチカラを活かす社会を目指して」は、私がこれまで大学界で10年間取り組んできたことでもありました。

大学と社会が協働しあえば、社会は好転していきます。一つ一つの出会いや取り組みを大切にしながら、この国を担う次世代が活躍できる「仕組み」を高橋社長、創業メンバーと創り出していきます。

 

新顧問:法政大学 キャリアデザイン学部 教授 田中研之輔氏

■ 略歴(抜粋)
2004/04/01-2005/03/31 日本学術振興会 特別研究員 DC2 (一橋大学)
2005/03/31 一橋大学 社会学研究科 社会学専攻 博士後期 単位取得満期退学
2005/04/01-2006/03/31 日本学術振興会 特別研究員PD (一橋大学)
2006/04/01-2008/03/31 日本学術振興会 特別研究員 SPD (東京大学)
2008/04/01- 法政大学キャリアデザイン学部 専任講師
2011/04/01 法政大学キャリアデザイン学部 准教授
2011/10/01- デジタルハリウッド大学 客員准教授
2012/04/01- 早稲田大学教育学部 兼任講師
2012/04/01- 東京家政学院大学 兼任講師
2014/04/01- 一橋大学 社会学研究科 兼任講師
2015/04/01- 慶應義塾大学 法学部 兼任講師
2018/04/01 法政大学キャリアデザイン学部 教授

■ 研究分野
組織経営論、社会学、ライフキャリア論、社会調査法 質的調査

■ 著書
『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『先生は教えてくれない大学のトリセツ』『ルポ 不法移民』『覚醒せよ、わが身体。』『走らないトヨタ』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『ボディ&ソウル』等

■ 顧問歴
これまでに社会問題解決を事業ドメインとする企業を中心に、9社の社外顧問・社外取締役を歴任。

Contact